简体版 繁體版 English
登録 ログイン

内大臣府の例文

例文モバイル版
  • 歴代の内大臣については、内大臣府を参照。
  • 内大臣府を統轄し、天皇に従い責任を負う。
  • 日本における内大臣府に相当する。
  • ウィキソースに内大臣府官制の原文があります。
  • ウィキソースに内大臣府官制の原文があります。
  • 内大臣府:1945年廃止。
  • 内閣制度確立後も、閣外に内大臣(内大臣府の長官)が置かれた。
  • 内大臣府(ないだいじんふ) は、日本に存在した政府機関の一つ。
  • 1907年以降の内大臣府は計11人という少数の職員によって構成されていた。
  • 内大臣府: 明治から昭和の初めにかけて、内大臣が執務の拠点とした施設及び組織。
  • こうして、内閣と内大臣府の双方で、それぞれ憲法改正の調査活動が進められることとなった。
  • 内大臣は、内大臣府官制(明治40年皇室令第4号)に基づいて設置された内大臣府の長官とされた。
  • 内大臣は、内大臣府官制(明治40年皇室令第4号)に基づいて設置された内大臣府の長官とされた。
  • 宮中(皇室、宮内省、内大臣府)と府中(政府)の別が原則とされ、互いに干渉しあわないこととされた。
  • 1945年11月24日、内大臣と内大臣府は、連合国軍最高司令官(SCAP)指令により廃止された。
  • 1930年、友人であった近衛文麿の引きにより、臨時産業合理局第一部長兼第二部長を最後に商工省を辞し、内大臣府秘書官長に就任。
  • 皇統譜令の副本は、旧令では「内大臣府」で保管すると定めたが(旧2条2項)、現行令では「法務省」でこれを保管すると定めた(現2条)。
  • なお、この松本試案とは別に、近衛文麿?佐々木惣一ら内大臣府が主体となった憲法改正案も存在し、こちらは1945年11月下旬に天皇に内奏されている。
  • 明治以降も昭和初期まで内大臣?宮内大臣の職が置かれたが、これは閣外の職位であり、国務大臣には含まれず内大臣府?宮内省にあって天皇を補佐する役目であった。
  • また内閣制度とともに設置された枢密院を「枢府」、枢密院議長を「枢相」、内大臣府と内大臣をともに「内府」と呼ぶなど、この習慣は日本文化に完全に定着したものとなっている。
  • もっと例文:  1  2