简体版 繁體版 English
登録 ログイン

内奏の例文

"内奏"日本語の意味  
例文モバイル版
  • この「内奏」は、政治分野に属する書きかけ項目です。
  • 増原は内奏の内容を漏らした責任を取り辞任することとなった。
  • この外、国政について天皇が報告を受ける行為として「内奏」がある。
  • また、政財界や学識者からの内奏?進講を、父昭和天皇以上に受けている。
  • 内奏(ないそう)は天皇に対して、国務大臣などが国政の報告を行うことである。
  • 5月21日 - 増原恵吉防衛庁長官が昭和天皇への内奏問題の責任をとり辞職する。
  • 大日本帝国憲法下では、天皇は統治権の総攬者であったため、内奏は非常に重要な意味を持っていた。
  • また、内奏に近い国政報告として、高級官僚(各省の事務次官や局長)や学者による「進講」がある。
  • しかし、現在においても、内閣総理大臣をはじめとした閣僚による内奏は、不定期ながら行われている。
  • これは首相が毎週国王に非公開の面会をし(日本で言う“内奏”)、アドバイスなどを受ける時の事を指す。
  • 日本国憲法が施行され、天皇が象徴となった現在、内閣は天皇に対しての責務を負っていないため、内奏を行う必要性は無い。
  • 4月16日に幣原首相が天皇に内奏し、まず憲法を口語化した後、憲法の施行後には順次他の法令も口語化することを伝えた。
  • 国王の権能は情報閣議による大臣からの情報収集(いわゆる内奏)や外国使節の接受などもっぱら儀礼的な機能に限られている。
  • また、田中眞紀子も外務大臣在職中に内奏を漏らしたことが、一部メディアで取り上げられたものの、本人はこれを否定している。
  • 1973年(昭和48年)5月26日、認証式のため参内した増原惠吉防衛庁長官が内奏時の会話の内容を漏らすという事件があった。
  • なお、この松本試案とは別に、近衛文麿?佐々木惣一ら内大臣府が主体となった憲法改正案も存在し、こちらは1945年11月下旬に天皇に内奏されている。
  • なお、天皇の政治利用を避けるため、内奏の内容については口外することは重大なタブーとなっており、防衛問題に関する内奏を漏らした增原惠吉が、防衛庁長官を辞任に追い込まれたこともある。
  • なお、天皇の政治利用を避けるため、内奏の内容については口外することは重大なタブーとなっており、防衛問題に関する内奏を漏らした增原惠吉が、防衛庁長官を辞任に追い込まれたこともある。
  • 1972年第1次田中角栄内閣にて再び防衛庁長官となるが、翌1973年5月、防衛問題に関する内奏において天皇より「『旧軍の悪い所は真似せず、いいところを取り入れてしっかりやってほしい』とのお言葉があり、防衛関連法案の審議を前に勇気づけられた」などと記者団に語ったことから、野党より「天皇の政治的利用」との追及を受ける(増原内奏問題)。
  • 1972年第1次田中角栄内閣にて再び防衛庁長官となるが、翌1973年5月、防衛問題に関する内奏において天皇より「『旧軍の悪い所は真似せず、いいところを取り入れてしっかりやってほしい』とのお言葉があり、防衛関連法案の審議を前に勇気づけられた」などと記者団に語ったことから、野党より「天皇の政治的利用」との追及を受ける(増原内奏問題)。