简体版 繁體版 English
登録 ログイン

内子線の例文

例文モバイル版
  • 内子線は、現在の愛媛県道54号串内子線。
  • 串内子線は、現在の愛媛県道54号串内子線
  • かつては内子線の分岐駅であった。
  • また内子線が当駅分岐となった。
  • 五郎駅分岐となり内子線と改称。
  • 久万内子線は、現在国道380号の一部に格上げ。
  • 内子線内子~新谷間とあわせて短絡ルートが完成。
  • 松山砥部内子線は、現在国道379号の一部に格上げ。
  • 横山内子線は、現在愛媛県道56号内子河辺野村線の一部。
  • 1920年(大正9年)5月1日 愛媛鉄道内子線の駅として開業。
  • 本校は喜多郡内子町寄りに位置し、予讃線?内子線新谷駅が最寄駅。
  • 路線の名称は当駅から喜多山方面が内子線、伊予大洲方面が予讃線となる。
  • 路線の名称は当駅から伊予立川方面が予讃線、五十崎方面が内子線となる。
  • 普通仕様車の運用は、予讃線(松山~宇和島)、内子線で使用されている。
  • これに伴い内子線の当駅から新谷駅までが廃止となり当駅は乗換駅ではなくなる。
  • 線路名称上この駅で予讃線と内子線が分かれるが、運転系統上は分かれていない。
  • このため内子線の当駅から新谷駅までが廃止となり、この駅は乗換駅ではなくなった。
  • 1933年(昭和8年)10月1日 - 愛媛鉄道が国有化され、国鉄内子線の駅となる。
  • 木造の駅舎があり、かつては駅員も配置されていたが、これも内子線の廃止後撤去された。
  • なお、この基準に当てはまる内子線が廃止対象路線自体に選定されなかった理由は後述する。
  • もっと例文:  1  2  3