简体版 繁體版 English
登録 ログイン

内弁慶の例文

例文モバイル版
  • 内弁慶は誰でもできる。
  • 彼は内弁慶だ。
  • かなりのネクラであり超内弁慶の毒舌家。
  • 内弁慶なところがあり神経質でひきこもり。
  • やんわりと内弁慶で甘え上手。
  • 内弁慶で特に母親へ冷たい。
  • 家に帰ると極度の内弁慶
  • 単に「内弁慶」とも。
  • そのため、競馬ファンからは内弁慶ならぬ外弁慶と呼ばれた。
  • 片意地で、家族とは口論が絶えないが、その反面内弁慶な面もある。
  • しかし兄がいない時は小心であり、自ら「内弁慶であった」と語っている。
  • 典型的なおぼっちゃまで苦労知らず、内弁慶で態度も大きいが体力も根気もない。
  • 日本シリーズ史上初めて、全試合ともホームチームが勝利したため内弁慶シリーズと呼ばれた。
  • 常に周りから一歩引いた言動が目立つが、家ではある程度強気に出る所もあり、内弁慶の気がある。
  • それぞれ、一理あるとの理解を示しつつ、梅謙次郎の外弁慶と富井政章の内弁慶ぶりが対照的だったと回顧している。
  • しかし、2007年以降はアウェーでもコンスタントに勝ち点を稼ぐようになり、いわゆる「内弁慶」からは脱しつつある。
  • そのため「内弁慶」という言葉から、家庭向けの炬燵から出ようとしない引っ込み思案なことを表すのに「炬燵弁慶」という言葉が派生した。
  • 引退間際まで若手の壁に君臨し続けた中道に比べると内弁慶的なムラっ気があり、初めてSGを制したのは1988年の住之江競艇場で行われた笹川賞競走。
  • 妹の中家志穂曰く、「結構引き篭もり」で「猫の皮を30枚被っていてその中に更に招き猫がいてその招き猫を倒さないと本当の菜穂は見られない」くらい内弁慶らしい。
  • 第6戦までは総てホームチームが勝利という「内弁慶シリーズ」だったが、第7戦、のちに「江夏の21球」と語り継がれる9回裏の攻防で最後の最後に球史に残る名場面を生んだ。
  • もっと例文:  1  2