简体版 繁體版 English
登録 ログイン

内弟子の例文

"内弟子"中国語の意味  
例文モバイル版
  • 内弟子とは師と寝食をともにし、あらゆる武術のノウハウと秘伝を伝える制度だ。
  • また、内弟子修行中の喜代美を励ました。
  • 当時8歳の碇省吾を内弟子として育てた。
  • 上京し漫画家の田河水泡の内弟子となる。
  • 内弟子としては米朝の一番弟子である。
  • 1964年、古賀政男の内弟子となる。
  • 翌年、十六世宝生九郎の内弟子となる。
  • 師範の場合は内弟子に入る必要は無い。
  • 1975年 Wけんじの内弟子となる。
  • 10代で植芝盛平の内弟子として入門。
  • 木戸孝允の内弟子的存在として伊藤がいる。
  • 高校卒業後、正道会館に内弟子として入門。
  • また自らの内弟子「妙観会」を発足。
  • この頃より内弟子をとりはじめる。
  • その後、奈良支部の内弟子となる。
  • 彫刻家新海竹太郎の内弟子となる。
  • 1971年(昭和46年) 養神館本部内弟子
  • 内弟子寮「盧山泊(ろざんぱく)」初代寮長。
  • 内弟子時代は剣道なども習った。
  • "煉獄"を使える内弟子の一人。
  • もっと例文:  1  2  3