简体版 繁體版 English
登録 ログイン

の例文

"翰"中国語の意味  "翰"英語の意味  
例文モバイル版
  • 御宸がありませぬ。 何!?
  • 「宸」(しんかん)は天皇の直筆の意。
  • 譜続編は、幕臣の瀬名貞雄の著作。
  • 戸田忠(ただなか)従五位下能登守。
  • その功により林学士権三司使を拝命した。
  • 1868年に進士となり、林院に入った。
  • 子に松平頼順(長男)、徳川宗(次男)。
  • 663年海、669年安北と改称。
  • 子は少府少監、提挙林医官の李奭。
  • 唐名は林学士(かんりんがくし)。
  • 官は林学士承旨?知制誥に至った。
  • 林学士は宰執へのエリートコースとされた。
  • 1894年、状元となり林院修撰となった。
  • 1892年、進士となり林院庶吉士となる。
  • 1836年、進士となり林院編修となった。
  • 実質的に内は行政庁内の規定と考えてよい。
  • 李成桂は李から数えて22世とされている。
  • また副本は、林院に収蔵された。
  • 『新編?藩譜?第2巻』人物往来社、戸田氏。
  • 「内」または「内かん」と記す場合もある。
  • もっと例文:  1  2  3