简体版 繁體版 English
登録 ログイン

耘作の例文

例文モバイル版
  • 耘作業は前進で行うのが基本である。
  • 耘作業 ‥ 耕耘機本来の機能。
  • 耕耘機を活用すれば、耕耘作業以外にも様々な農作業を行うことが可能である。
  • 変速機構を備えており、耕耘作業だけでなく荷物の運搬といったトレーラー作業にも対応可能である。
  • しかし、1960年代以降、作業能率の優れたトラクターが本格的に導入されるようになり、耕耘作業の中心はトラクターへと移行した。
  • そのため、ロータリー部が必要以上に沈み込むことを抑え、耕耘作業が円滑に行えるようにするために耕耘機の前部に重し(ウエイト)を装着する場合がある。
  • 低速域でも高出力が得られるため耕耘作業に向いており、農機メーカーの研究開発によって小型?軽量化が達成されたため、ガソリンエンジンよりも好んで用いられる傾向がある。
  • 趣味の農業という意味で「ホビーファーム」と呼び区別しているメーカーもあり、能力不足が原因で本格的な耕耘作業には不向きなことが多いので、耕耘作業には、その用途に見合った仕様を選択することが大切である。
  • 趣味の農業という意味で「ホビーファーム」と呼び区別しているメーカーもあり、能力不足が原因で本格的な耕耘作業には不向きなことが多いので、耕耘作業には、その用途に見合った仕様を選択することが大切である。
  • 1950年頃導入されたメリーティラーは、畜力用和犂をトラクター用に改良した双用和犂をアタッチメント(付属作業機)として耕耘作業用として、また簡易トレーラーをセットし運搬作業用としても爆発的な普及を見た。
  • 林遠里の考案した農法は、筑前農法または福岡農法と呼ばれ、寒水浸法、土囲い法、冬蒔き畑苗代法をその中核としながら、多労を旨とした集約的農業技術により土地生産性を高める一方で、抱持立犂を装備した牛馬耕を導入することによって耕耘作業を省力化し、労働生産性を高めるというものであった。